point-1メンタルな疲れ

体だけに限らず、メンタルが疲れることも多々あります。

肉体的な疲れに比べ、精神的な部分の疲れのほうが、鬱などに陥ってしまうかもしれないため、危険性が高いようです。

精神面への疲れの理由は人によって異なりますが、ストレスも重要な原因と考えられます。

多くのストレスを抱えていることを自分で把握できていない人もいますから、近頃自分が笑えているか、気分が塞いでいないか考えてみるといいですね。

精神をリラックスさせたいときには、アロマを用いるのが効果的です。

アロマと言われると、専門的な勉強をしないと手が出しにくいと感じることもあるでしょう。

しかしながら、近頃は容易に取り組めるセットも売られています。

心をくつろがせて、疲れをとる効果のあるものとして定番なのが、ラベンダーです。

アロマポットで焚く方法でもよいのですが、お風呂に1~3滴のアロマオイルを垂らすのも手軽な方法です。

やる気がない場合の心の疲れがとれるアロマは、ベルガモットが人気を集めています。

落ち込んだ気分を取り去る効果が得られるため、だるさが全身にある時も、ベルガモットアロマを選択してみてはどうでしょうか。

アロマとは別に、心の疲れがとれる方法はいろいろあります。

一つ例を挙げるなら、深呼吸を取り入れることです。

心と体が緊張でこわばっていると、知らないうちに呼吸が浅くなり、肺の奥にはずっと古い空気が残留してしまいます。

肺の中の古い空気を新鮮な空気に替えてあげるだけでもリラックス効果は期待できるので、一定のサイクルで深呼吸を実践しましょう。

point-2疲れをとるお助けグッズ

疲れを感じる人の数が多くなっているせいで、疲れをとるお助けグッズも多く出回っています。

ドラッグストアやバラエティストアなどでも数多く売られているので、好みのものから試してみるといいでしょう。

バスタイムに導入可能な商品も多く売られています。

例えば、マッサージが簡単に出来るグッズなどが存在します。

普通なら自分の手を使いマッサージをしますが、腕や手に疲れてだるいときなどは、それも大変ですよね。

そのような場合には、軽く肌の上を転がすだけで刺激を与えることが出来るローラーなどを使ってみましょう。

昔から足の疲れをとる方法として、青竹踏みを選ぶのもおすすめです。

この効果を持つローラーなども販売されているので、役立ててみてはどうでしょうか。

ある程度出費がかさんでもいいという人は、エアーマッサージャーという選択肢もあります。

器具を腕や足に巻きつけた状態にして、空気の力を利用してほぐしていくというものです。

一万円以上になる商品が多数ありますが、スイッチを入れるだけで疲れをとれる方法ですから、自分の力でマッサージするのが困難という人にも向いています。

目の疲れを効果的にとるとして、ピンホールアイマスクという商品もヒットしています。

アイマスクに小さく穴があいており、穴を通じて物を見ることにより、ピントが合いやすい状態になり、目の負担を減らすことが出来るものです。

感じる疲れの種類によって、最適な商品は変わるので、自分に向いているものをリサーチしてみましょう。

point-3脳の疲れ

頭を使いながら仕事をしていく場合、疲れが頭にきます。

頭に疲れが溜まったら、何を行えば回復することができるのでしょうか。

初めに、ブドウ糖を適当に摂るようにしましょう。

脳というのは多くのブドウ糖を使って活動を続けています。

ブドウ糖が欠如すると、頭にぼんやりとした感覚が出てきたり、考えるスピードが遅くなったりします。

食品やドリンクからブドウ糖を補給するのも一案です。

これ以外に苦労せず摂取可能な方法として、固形のブドウ糖を欠かさないようにしておけば役立つでしょう。

チョコレートなどの甘いものをとるという方法も、脳機能を高めるためにかなり有効です。

また、物事をマイナスにばかり考えてしまう人は、プラスに受け取る人と比較して頭に疲れを感じやすいとされています。

悩んでも解決しないことや、いらない心配ばかりしていると、それだけ頭に負担をかけることになりますよね。

そのようなときは、リラックス効果の得られる方法を実行しましょう。

休憩時に全身を伸ばしてみたり、深呼吸をするだけでも少しはリラックスできるはずです。

頭が疲れていると感じている人の中には、集中力が長続きしないような人も見られます。

その場合、睡眠時間を見直してみるのが効果的でしょう。

満足に睡眠時間がとれていないのは、体によくありません。

逆に、睡眠時間が長すぎて集中力が低下してしまっている場合もあります。

睡眠は6~8時間とるのが理想的なので、自分がどれだけ寝ているのか見直してみるといいでしょう。

point-4お風呂の効果

疲れを効果的にとる方法として、毎日でもできるのがお風呂に入ることです。

暑い時期は、シャワーのみで終える人も多数います。

ところが、湯船で体を温めることにより、溜まった疲れをとることができます。

単純に入浴するのみでも効果は得られますが、より良い効果を引き出す方法があるのです。

その入浴法は、相当の人が好んでいる半身浴になります。

みぞおちから下にかけて、40度以下のぬるいお湯に浸かってください。

体を洗う場合は、右足を洗ったら一定時間湯船に浸かって、続いて右足を洗う、というように徐々に洗っていきましょう。

そうすることによって、血行をスムーズにすることができます。

半身浴というのは、しっかり汗をかく効果も期待できます。

汗をセットで体内の老廃物を取り除けるため、全身がだるいと思っているときでも、半身浴が適しています。

また、疲れをとることを望むとして欠かせないのが睡眠です。

しかしながら、睡眠はとれているのに朝起きた時に疲れが抜けていないと感じている人も大勢いるようです。

このようなときは、寝具を見直してみてはどうでしょうか。

高さの合わない枕を使っていたり、マットレスなどが柔らかすぎる、または固すぎる場合もあります。

加えて、運動するのも疲れをとるための方法として役立ちます。

あまりに運動量が多いとさらに疲れを起こしますが、適度な範囲で運動を行うと、リラックス効果が得られます。

節度良く汗をかくことで眠りに就きやすくなるので、軽く運動することを習慣にしてみると良いでしょう。

毎日エレベーターやエスカレーターを使っている人は、階段に変えるだけでも違いが出てくるはずです。

point-5水分補給

飲み物類で日頃の疲れをとる方法も存在します。

この上なく楽なのは、水を飲むというものです。

常に、水分補給の回数が足りていないという人は結構な数に上ります。

コーヒー、紅茶やお酒などはカウントせず、ピュアな「水」をどれほど飲んでいるでしょうか。

1リットル以上を日々飲み続けている人は少数でしょう。

水は、血行を良い状態にしたり、体の中にあるたくさんの機能がきちんと働くために非常に重要な役目があります。

体の中の水分が不足してしまうと、体に変調をきたしますよね。

単純に水を飲むということだけでも、具合が回復したと考える人も数多くいます。

一回で大量の水を飲むのではなく、分けて徐々に飲むのがいいでしょう。

それから、栄養ドリンクも有効です。

栄養ドリンクという名称の通り、複数の栄養素が備わっているので、早く疲れをとりたい場合にも使えるでしょう。

体の冷えを撃退する効果のある飲み物も、疲れをとりたい時にはピッタリです。

体を温まった状態になると、血行促進の効果が得られます。

血液の循環がスムーズになると、体の中の疲労物質が体の外に出ていきやすくなるため、冷たい飲み物は控えるように気を付けましょう。

体を温める飲み物というと、しょうが入り紅茶があります。

いつも飲む紅茶に、しょうが汁を少し加えるだけなので、手軽に作れます。

ジュース類を過度に飲むのも、体に悪いとされています。

疲れが溜まっている時は、体への負担が少ないドリンクに含まれる水や麦茶をチョイスしましょう。

point-6目の疲れ

ディスプレーを長時間見続けたり、細かな作業を行うと、目が疲れてしまいますよね。

寝る前には、目に出る疲れをとる方法を取り入れてみましょう。

目の疲れをとりたいときは、主に二種類があると考えられます。

具体的にいうと、温めるものと冷やすというものです。

目がしょぼしょぼする状態になったり、かすんでしまった際には、温める必要があります。

タオルを水につけて絞って、そのまま電子レンジで10秒チンしましょう。

長時間温めるとタオルで火傷してしまうのでくれぐれも気を付けましょう。

触ってみて問題ないことをチェックしてから目を覆うようにかぶせます。

眼球周辺の血液の流れを良くするために行うので、まぶたの上の他、おでこや鼻のあたりも温めるようにして行うとより効率よく目の疲れがとれます。

冷やすやり方としては、目に熱があるようなときに効果的です。

鏡で目を確認した時に、目が充血しているように見えたら冷やす方法をとりましょう。

氷をその状態で肌に付けると刺激が強すぎるので、氷水につけて冷やしたタオルをあてましょう。

それから、ドライアイに悩まされている人は、問題ないという人と比較して目に疲れが出やすい傾向があります。

ですので、ドライアイを対象とした目薬なども適宜使っていくように気をつけましょう。

ゲームやパソコンなど、会社以外でも目を酷使し続けている人は、それらの時間を減らすことも検討しなければいけないでしょう。

さらに、画面との距離が近い場合、目に負担をかけてしまうため、適度に離れるようにしましょう。

常に同じ距離で物を見るのではなく、たまに窓の外など、遠くを見るのも目にいい影響を及ぼすでしょう。

point-7血行を良くする

日常的に体を動かすことがないという人は、血行不良が引き起こされている可能性があります。

このような場合、ストレッチに取り組むことで疲れをとる効果が得られるでしょう。

眠りに入る前に可能な方法として、ベッドの上で行えるものがあります。

ベッドの上に仰向けになり、両手両足を上に向けてまっすぐ伸ばし、ぶらぶらさせる動作をしましょう。

そのことで、手と足の先に集まっていた血液が心臓に再び戻るようになります。

デトックス効果も期待できるので、体がむくみがちな人にもおすすめです。

疲れをとるストレッチで重要なポイントとなるのが、体を伸ばす際にゆっくり動かすことです。

一気に体を伸ばしてしまうと、怪我の原因にもなってしまいます。

体を伸ばす際にゆっくりと動かすことで、普段は使っていない筋も伸ばされます。

ストレッチには、血行を良好な状態にするだけではなく、リラックスする機能もあります。

夜、なかなか眠ることが出来ない人も、適度なストレッチを取り入れることにより良い睡眠を得られるでしょう。

疲れをとる手段としてストレッチを導入するのでしたら、それほど長時間行う必要はありません。

眠りに入る前の5分間ぐらいでも問題ありません。

体がよく温められたバスタイムの後に実践すれば、全身をきちんと伸ばすことができます。

それから、テレビを楽しんでいるときを利用するのもいいアイディアです。

疲れをとるためのストレッチは、毎日行ったほうがいいでしょう。

ひどく疲れている時は、筋肉が張り詰め、体が凝り固まってしまうため、無理はしないで可能な範囲で取り組むことが重要です。

point-8足の疲れ

立ち仕事を長時間に渡って行ったときや、何キロも歩いた場合は、非常に足が疲れてしまいますよね。

こうしたケースで疲れをとる方法をお伝えします。

一つ目に、フットバスを解説していきましょう。

足の血行を改善していくことで、痛みを和らげることに繋がります。

くるぶしからつま先にかけて40~42度に設定したお湯につけた状態にしましょう。

5分ほど実践するのが有効で、ぬるくなったと感じたら温かいお湯と交換します。

太ももやふくらはぎに引き起こされる痛みに活用できる技もあります。

また同じことになりますが、40~42度程度のお湯に膝まで入れて置きます。

これは15分くらいひたしておくと有効です。

足裏の疲れをとる手段として、足裏用湿布もおすすめです。

寝る前に足裏に貼るだけの簡単なものもあります。

この他、簡易的なマッサージも足の疲れをとる手段として、非常に役立ちます。

はじめに、椅子か床に着席します。

さらに、片方の足首をもう片方の膝に乗せましょう。

その姿勢のまま、膝の上に重ねた方の足指と、反対側の手の指を組むようにして固定します。

そうして、足首をゆっくり回転させたり、足の指を反らしてみましょう。

足を揉んでマッサージする場合は、入浴時、もしくはお風呂から出たときの体が温まっているタイミングで行うと、より効き目が高まるでしょう。

その場合、上から下にマッサージするよりも、足先からスタートし太ももの付け根を目指してマッサージすることが大切でしょう。

上から下に向けてマッサージを行うと、足のむくみの原因に繋がってしまう場合があります。

お風呂に入る行為だけでも足の疲れをとることが望めるので、少し長めの入浴をするといいでしょう。

point-9食生活を見直す

疲れのとり方として、食生活を見直すというのも効き目があります。

我々の体は、食べ物から摂ったエネルギーによって運動しています。

そのため、食品から栄養を取り入れることが出来ないと、その分、疲れを実感しやすくなってしまいます。

ところが、「食事で疲れをとる」と考えると、なかなか思いつかないかもしれません。

世間一般に体によいと言われている食事を選択するようにすると、それだけでいい影響が及ぼされるでしょう。

そして、体の中に乳酸が蓄えられてしまうと、疲れが慢性化するようになります。

この乳酸を解消するには、クエン酸がいいと言われています。

クエン酸は、レモンといったように酸味のある食品にたくさん入っている成分として世間に浸透していますよね。

また、ミネラルも摂取する必要があるでしょう。

ミネラルは、主に海藻などに多く含有しているとされています。

栄養を満遍なく摂取するのが不可能な場合は、サプリメントなども効率よく用いるといいですね。

食事の力で疲れをとるといっても、何か一つを食べておけば安心と考えるのは間違いです。

毎日、確実に三食食べることも重要です。

完全に食事を抜かすことでダイエットに取り組んだ人なら分かっているかもしれませんが、しっかり食べずにいると、疲れが抜けなくなります。

疲れを多く蓄積した状態では、スパイスのような刺激物も、体調が悪くなってしまうこともあります。

身体の具合が悪いときは、スパイス類をはじめ、消化の良くない食事も選ばないようにしましょう。

point-10疲れをとる方法

疲れをとる手段には、多種多様のものがあります。

日常生活の中で実践可能な種類も多々あるため、取り入れやすい方法からはじめてみましょう。

どのような疲れをとる方法を取り入れるにしても、疲れが抜けないまま時間がたってしまうと、効きが悪いこともあります。

暇がない日々を送ると、ちょっとずつ疲れが蓄積していくので、その日の疲れはその日中にとれるように心がけましょう。

そもそもどのような方法があるのかというと、体の中からと、体の外からのケアが挙げられます。

体内からいたわる方法としては、食べ物、睡眠、サプリメントなどといったものが考えられます。

塗るタイプの薬の場合は、体外からのケアになります。

なお、体の中に毒素が溜まった状態だと、疲れが生じやすくなるとされています。

毒素とは、老廃物を意味します。

排出されるべき老廃物が体内に残ってしまうと、体のだるさに繋がったり、少し体を動かしただけで疲れが溜まりやすくなってしまいます。

老廃物を溜めないためには、正しいリズムで生活することも肝心です。

6~8時間はしっかり睡眠をとり、入浴時間ものんびりとるようにしましょう。

積極的に食物繊維の多い食材を食べ、多くの水を飲むことも意識しましょう。

仕事や生活が忙しかったりすると、体のだるさが引き起こされるのは免れないことなのかもしれません。

それでも、しっかり対処すれば、疲れをリセットすることはできるでしょう。

TOPPAGE  TOP